配送ドライバーになる前あるある!軽バンはどこに…

はじめまして、永遠の軽貨物ドライバー、軽・クラクション・バンです。
記念すべき第一弾の投稿は、ドライバーになる前に誰にでもおとずれる壁、その名も『車どうする問題』についてです。車がなければお仕事はできませんし、チャリンコで鬼こぎするわけにもいきません。ドライバー希望者さんが『車問題』で路頭に迷わないためにも、今回の記事をお役立てください。

いでよ!軽バン!

ドライバーになるための一番の壁は、軽バンをどのように用意するかに尽きます。軽バンや軽トラのような軽自動車は人気が高く、いったん市場に出ると即売れてしまいます。世界的な中古車高騰の流れもうけて価格も少し上がっています。

実際の軽貨物ドライバーさんは、どのように軽バンを調達しているのでしょう。以下の選択肢があります。

  • 車屋さんで下取り車を売ってもらう(一般の方が車屋さんに売りたいと持ってくるもの)
  • 車屋さんにオークションで探してもらう
  • 新車を購入する
  • 新車のリースを組む
  • 私たち(この場合クラウダー )とレンタカー契約をする
  • 自家用車(軽バンの方)を仕事との兼用車にする
  • お知り合いから購入する

なんと7つも軽バンをゲットする方法が出てきました。早くお仕事を始められて費用がかからなくて済む方法は、やっぱり6つ目の『自家用車を仕事との兼用車にする』ですね。お仕事を長く続けられるか不安な方はレンタカーが最適です。しかしレンタカーは数に限りがありますし、空いている事が少ないのが現実。

一般的には、1つ目の『車屋さんで下取り車を売ってもらう』が主流です。車屋さんから直売のカタチになるので余分な経費がかかりません。オークションだと他県からの運送費など、余分なお金がかかってしまいます。そのため私たちは、たくさんの車屋さんに下取り車が入ってきたらすぐに連絡がほしいとお願いしています。軽バンは人気なので、こればっかりは時の運です。

ドライバーさんの心配事を少しでも減らしてあげたいので、私たちは灯台の光のように車屋さんに目を光らせてます。

軽バンを用意したら軽貨物用にするべし


軽バンが用意できたとしても、そのままでお仕事はできません。お仕事内容によって資格があるように、軽貨物事業に従事するための許可やナンバープレートが必要になります。よく街で見かけませんか?軽自動車のナンバープレートがブラックで、イエロー文字で走っている車を。はい、あれですアレ!

私たちは通称『黒ナンバー』と言ってますが、黒ナンバーにするには『車検』が必要になります。『ハァ〜面倒くせ〜』あはは…私たちも同じ思いです。そのままやらせてくれよ!って何百回思ったかw しかも6万円くらい(泣)

車検を受けたばかりの車でも、軽貨物のお仕事をするなら再度車検が必要になります。軽貨物用の車検は2年ごとなので、ハイエースのような4ナンバー車よりはマシですね。あれ一年ですからねw もちろん黒ナンバーにしてもプライベートで乗れないなんて事はありません。

最初は車問題で大変ですが、車や車検費用なんて一ヶ月でペイできちゃいます。いかに先を見据えるかで目の前の障害はパーっと晴れていきます。今回の内容の他にもわからないことがあればご質問くださいね。

by軽・クラクション・バン

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP
TOP