資格取得して飯を食う!という社会の罠

資格所得は善なのか悪なのか

こんにちは、永遠の軽貨物ドライバーの軽・クラクション・バンです。
あなたは資格をいくつ持ってますか?その資格で現在お仕事してますか?私は高校の時に取得した危険物取り扱いの資格を使ったことがありません。『おれ自身が危険物だ』とか言って先生を困らせたものです。

危険物の資格で働ける所なんてガソリンスタンドくらいしか思い付きません。資格なんて使わなければ意味がないです。そして資格はお金を稼ぐための限界値を決めてしまうものです。今回はそんなお話をしていきましょう。

資本主義の牢屋

資格は壮大な『資本主義の牢屋』です。詳しく説明しましょう。
会社の中で高給をもらうのは誰でしょう。長く働いている人?成果をあげている人?それもあるでしょう。ですが資格を持ってる人もその中に入っていませんか。例えば工場のお仕事なら、『玉掛け』『フォークリフト』などの資格を我さきに取ろうとします。それはなぜか…できるお仕事の幅が増え、給料がちょっと上がるからです。本音は面倒な勉強なんてしたくないですし、慣れた作業を捨てて新しい業務に移りたくありません。ですがお金のために皆さん『MAKE MONEY!!』とささやきながら資格を取得します。 

会社員は給与を増やすために資格所得に精を出します。ですが視野を広げると収入が減ることが見えてきます。資格がないとできない仕事。これは『業界の平均報酬単価しか収入がもらえない』と言えます。自分がしている仕事に置き換えてみてください。業界ごとにある程度の報酬は決まっているはずです。大多数の人は、この牢屋の中で一生どんぐりの背比べをすることになります。どんなに鋭い刃物を見つけて牢屋を壊そうとしても、決して抜け出すことはないでしょう。

弁護士くらいになれば話は変わってくるかもしれませんが、日本自体がそういう文化をもった国という事を理解しておいて損はないはずです。

資格を持ってはいけないのか!いいや、そんなことはない

前述のお話だけだと語弊があるので付け加えたいのですが、資格がいる職業や業界は、収入の上限が決まってしまうというだけです。そんな業界の中でも高収入の人はたくさんいます。世の中の9割以上のお仕事が、資格や許可がいるものです。もしあなたが持っていなくても、社内の誰かが資格を持ってないとお仕事ができないのがほとんどです。

あなたが持つ資格や免許は更新がいりませんか?業界をつくってきた先人達は『資格』『許可』『免許』を発行します。何年後かに謎の更新という手続きがあり、更新料を取られます。そして新たな枝わかれのような資格・許可・免許がつくられ、こんなお仕事ができるようになると提案されるのです。

資格を持たないとできないお仕事が、世の中のニーズとマッチして人気になると、雇用が増えます。雇用が増えればまた資格をとる人たちが増え、そのシステムをつくった人たちは監督するだけで儲けることができます。資本主義の牢屋の出来上がりです。

資格・許可・免許は必要なものです。未熟者たちの犯罪や事故を防ぐ役割があったり、一定のスキルがある安心感を与えられ、一人前という証拠にもなります。世の中にルールがあるという大きなシステムと同じです。ただ私は以下の2つを知ってほしいだけです。

  • 資格・許可・免許は、業界という名の箱の中にあり、その箱を作った人たちがいる
  • 9割の人たちは箱がないと生きていけず、残りの一割が世の中を創造している

これを悲観的ととらえるか、真実ととらえるかはあなた次第です。 by 軽・クラクション・バン

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP
TOP