軽貨物の可能性

圧倒的ドライバー不足
増えつづける需要

現在日本では、ネット通販だけで約21万人の配送ドライバーが不足していると言われています。今後10年間でドライバー需要は+20%、ドライバーの減少は−15%と予想されています。このままだと10年後のドライバー需要は今より35%増えるのです。

もともと足りないドライバーは、いつまでも埋められない未来がほぼ確実に見えています。ですがこれはチャンスとも言えます。需要を供給で満たせないという事は、この先もずっと仕事が絶えない証拠です。そしてドライバーとして稼ぐために最高の環境が出来上がっている事に他なりません。

続きを読む 閉じる

なぜ軽貨物は最強なのか
比較対決!

運送業界は軽貨物にシフトしています。4tトラックの荷台を見るとダンボールが3つだけ...スペース余りの赤字配送を目にする時がチラホラ。これでは燃料を垂れ流しているだけで非効率です。大型車一台で少ない荷物を運ぶよりも、軽貨物車2台に荷物をパンパンに載せた方が劇的に向上するものがあります。
・燃料代
・届けるスピード
・人件費
・お客様満足

続きを読む 閉じる

次世代ドライバーは
身軽に稼ぐ

一般貨物車(4t〜10t)でドライバーになりたい求職者が以前はたくさんいました。しかし夜間仕事で家族と会えず、職業病で肩が上がらなくなり、車両代が生活を圧迫したあげく思ったより稼げなくなっています。一方軽貨物車でのお仕事は、健康面に害はなく、健全に日中の作業をこなして、一ヶ月分の稼ぎにも満たない車両代で簡単に始める事ができます(リースやレンタカーでもできる)。そして逆に簡単に辞める事もできます。これはドライバー業にしては、とてもリスクが低い働き方です。

続きを読む 閉じる
TOP
TOP